TIME TO PLAY BY SALOMON JPN
TIME TO PLAY BY SALOMON JPN

TIME TO PLAY BY SALOMON JP

IMPRESSION

SPEEDCROSS 5 オリジナルのコンセプトを引き継ぎ、最新テクノロジーで再定義した究極のアップデート2019/08/23

トレイルランニングシューズの超ロングセラー「SPEEDCROSS(スピードクロス)」が第5世代にアップデートしました。今回のアップデートはアッパーからソールまで、フルリニューアルしています。しかし、初代から受け継がれているコンセプトはしっかりと踏襲されているので、ファンの皆さんをがっかりさせることはありません!

アッパーでまず目を引くのがシームレス化によってスマートになった外装です。素材はしっかりしていて耐久性もありますが、足への当たりはソフトです。アキレス腱部分のパッドが少し高くなりましたが、とても柔らかいクッションを採用しているため、見た目ほど履き心地に影響はありません。タンは前モデル同様に厚みがあり、クイックレースによる硬めの締め付け感とのバランスが取れています。

足を入れてみると判りますが、かなりソフトに足を包み込んでくれます。特にトウボックスにはゆとりを感じられます。しかし、そのソフトさとは裏腹にホールド感は高く、局部的な当たりも見当たりません。この足との自然な一体感は「上質」という言葉がぴったりです。

SPEEDCROSSのシンボル的なデザイン。つまり、タン上部の砂よけメッシュやアッパーがミッドソールサイドを覆って一体化したデザインは踏襲、そして今でも斬新です。


ミッドソールのスペックは前モデル同様のヒール30mm、フォアフット20mm、ドロップ10mm。ミッドソールには高いエネルギーリターンと優れたクッション性、耐久性を誇るEnergyCell™+が採用されています。写真ではヒール部分のミッドソールが厚くなったように見えますが、これはヒール部の外周を高くすることでサポートを強化しているためです。


そして、「SPEEDCROSS」のアウトソールといえば、「∧」型のシェブロンラグですが、アップデートで一つひとつのラグが大きくなり、間隔が広くなりました。また、前モデルでは土踏まずより前が「∧」向き、後ろが「V」でしたが、「SPEEDCROSS 5」では、その境目が前方に移動して「V」向きのラグが多くなりました。

走行フィーリングはグリップと安定感の融合が最大の特徴です。マッディなトレイルではより大きくなった爪のようなラグがしっかりと食い込み、抜群のトラクションを発揮します。そして、固く締まった路面やアスファルトではラグのつぶれが少なくなった分、安定感が増し、どっしりと着地できるようになりました。「SPEEDCROSS」はマッディなコンディションが得意でしたが、最新モデルでは、より多くのシチュエーションで幅広く活躍できるシューズとして生まれ変わったとも言えるでしょう。

フィット感、ライド感共に劇的に進化した「SPEEDCROSS 5」は、歴代最高の完成度の名品と言える仕上がりです。

SPEEDCROSS 5
スピードクロス 5
・価格:¥15,000+税
・サイズ:WOMEN 22.0-25.0cm MEN 25.0-28.5cm
・重量:280g(WOMEN 24.0cm) 320g(MEN 27.0cm)
・スタックハイト:30mm/20mm
・ドロップ:10mm
・カラー:WOMEN 4色 MEN 5色
 

IMPRESSION 01

ランニングインプレッション

山も街も、トップアスリートからフィットネス思考の方まで。サロモンがお届けする幅広いランニングコレクションの中から、旬なプロダクトの使い心地をお伝えします。

TIME TO PLAY BY SALOMON JPN