TIME TO PLAY BY SALOMON JPN
TIME TO PLAY BY SALOMON JPN

TIME TO PLAY BY SALOMON JP

IMPRESSION

TRAILBLAZER 30 更なる進化を遂げたサロモンのベストセラーバックパック2019/07/08

鬱陶しい梅雨が明ければ本格的な山シーズン!今回はサロモンのベストセラーバックパック「TRAILシリーズ」からインスパイアされたニューシリーズ「TRAILBLAZERシリーズ」から新たに追加された30Lモデルを紹介します。

以前にも紹介したようにサロモンの本拠地フランス含むヨーロッパでは日常的にハイキングを楽しむ方が多く、ハイキングルートには綺麗なハット(山小屋)が多くあり、テント泊というより小屋泊まりする方が多いので、20リッター、30リッターで十分足りてしまいます。装備品も雨具と着替え、行動食やファーストエイドキットといった必携品ぐらいで、テント、食料がない分、大仰なアルミフレームや硬いパネルは必要がないのです。

このTRAILBLAZERも強固なパネルなどはなく、あくまでシンプルにフィット感と快適性を重視しています。背面にはEVAフォーム、腰回りの背骨両脇には少し厚めのフォームにすることで背面全体のあたりをソフトにし、部分的にメッシュを採用することにより通気性を確保しています。

ハーネスは背面からの一体化された立体成型で、スタビライザーを引き込むことで更なるフィット感が得られます。また、肩周りのフォームに細かい通気口を開け、メッシュ生地にしているので通気性も抜群です。

ウエストベルトのパッドは骨盤をしっかりと巻き込むことができるサイズで、裏面はメッシュ、表面には両側に大きめのポケットがあり、スマホやコンデジ、行動食など十分入れることができます。

メインコンパートメントはパネルローディング式で、ガバっと開くので荷の出し入れが楽。フロント側には縦ジッパー式のフロントポケットがあり、雨具などの収納に重宝します。

本体上部にもポケットがあるので、サングラスやファーストエイドキットなど入れておけ、キーチェーンも付いています。

本体向かって左にバンジーコードのポールホルダーが装備され、テレスコープ型でなくてもしっかりとホールドすることができます。

両脇には目の細かいメッシュポケットがあり、伸縮性があるので大きめのボトルも入れられ、しっかりとホールドしてくれます。

もちろん内部にはハイドレーションスリーブもあります。出し口が真ん中にあるので左右どちらでもホースを出すことができます。

シンプルな見た目ながら、必要十分な装備と機能を持ち合わせ持ちながら、30Lでも9,600円(税抜)とコストパフォーマンスが非常に高いのも特徴です。
他のサイズは20L10Lがあり、カラーも6色ラインナップしているので、用途に合わせて選ぶことができます。山はもちろん、トラベルやタウンユースでも使い易いバックパックです。

TRAILBLAZER30
・価格:9,600円+税
・容量:30リッター
・サイズ:52×28×22㎝
・重量:552g
・カラー:全6色

IMPRESSION 02

ハイクインプレッション

「登る」「歩く」がより快適になるサロモンならではのハイクコレクション。これを見ればその特徴は一目瞭然です。

TIME TO PLAY BY SALOMON JPN