X ALP DOWN HOODIE 厳冬の山で快適に動き回れるダウンフーディ | TIME TO PLAY BY SALOMON JAPAN-salomon公式|salomon.co.jp |TIME TO PLAY BY SALOMON JAPAN
TIME TO PLAY BY SALOMON JPN
TIME TO PLAY BY SALOMON JPN

TIME TO PLAY BY SALOMON JP

IMPRESSION

X ALP DOWN HOODIE 厳冬の山で快適に動き回れるダウンフーディ2018/12/10

山々も雪で覆われ、朝晩はだいぶ冷え込むようになりました。ようやく冬本番です。そんな冬にフィールドでも街でも重宝するのが軽く暖かいダウンジャケット。近年はファストファッションでも取り扱うようになりハイシーズンには石を投げればあたるほど沢山の人が着ています。今回紹介するのはそれらとは一線を画すハイスペックダウンフーディーです。

このX ALP DOWN HOODIEは、ダウン最大の弱点である“濡れると保温性を失う”を撥水ダウンを採用することで克服しています。この撥水ダウンを使用することで雪や雨に強くなるだけでなく内部の湿気によるダウンのヘタリも軽減します。その結果、通常ダウンとフェザーの配合比率は90% / 10%に対し、このX ALP DOWN HOODIEは95% / 5%となっています。少し詳しく説明するとダウンが多い方が暖かいのだが、芯があり張りのあるフェザーを入れないと膨らまない、ようは復元力がなく空気を多く含めないのです。このX ALP DOWN HOODIEはダウン自体に撥水性があるので水分を含まずヘタリづらいので、フェザーの含有量が少なくすみインナーダウンほどのダウン量と重量で800フィルパワーを実現しています。

X ALP DOWN HOODIEのダウン使用箇所は前面と腕の表面となっており、伸縮性を求められる脇下から背面、腕の内側にはストレッチ素材を使用し、バックパックのハーネスが擦れる肩周りも同素材となっています。より蒸れ易い環境化にある同部分には濡れに強い化繊のインサレーションを採用しています。化繊の割合が多いのでその分重みはありますが、ダウン面の表面に超軽量素材Pertex® Quantum採用することで重量400g(Mサイズ)と軽量に仕上がっております。もちろんDWR(撥水加工)と防風性もあります。

前著からPertex® Quantum&撥水ダウン、ストレッチパネル&化繊インサレーション、軽量という点を踏まえると厳冬期のアウターとしても使用できるポテンシャルをもっています。もちろんポケッタブル(左ポケットに収納可能)にでき、非常にコンパクトになるので厳冬期だけでなく高所登山の防寒着として楽に持ち運べます。

左胸にはナポレオンポケットもあるので、寒さに弱いスマートフォンやコンパクトデジカメのバッテリーを守ることができます。

フィールドではもちろん、モコモコにならないのでスマートに着用することができ、暑くなれば素早くコンパクトに収納して鞄に入れておくこともできます。山では動けるダウンとして、街でも快適な暖かさを提供してくれるアウターとして今年の冬に是非試して頂きたい1着です。

X ALP DOWN HOODIE

・価格:32,000円+税

・サイズ展開:S / M / L

・重量:400g(Mサイズ)

・カラー:全2色

IMPRESSION 02

ハイクインプレッション

「登る」「歩く」がより快適になるサロモンならではのハイクコレクション。これを見ればその特徴は一目瞭然です。

TIME TO PLAY BY SALOMON JPN