TIME TO PLAY BY SALOMON JPN
TIME TO PLAY BY SALOMON JPN

TIME TO PLAY BY SALOMON JP

HPS×TAKAまたはDISTRICT HPSバインディングを
購入すると抽選で100名様に、 SALOMONxBAG WORM
コラボスタンドをプレゼント!

SALOMON x BAG WORM キャンペーン概要はコチラ

HPS × TAKA interview with TAKAHARU NAKAI

Q:今回、HPS × TAKAの第2弾の作成にあたってWOLLEと相談したこと、こだわった部分はどこでしょうか?
—中井孝治(以下:孝治) 今回の板はヴォレとの相談で決めたことはほぼありませんでした。
というのもアウトラインは前回と全く一緒なので、新たに型を作ることがなかったからです。
ただ、同じアウトラインでもフレックスが変われば乗り味も全く別物に感じるんです。
だから色々なフレックスパターンの試すため、大きく分けて3通りのカーボン配置、さらには同じ部分に入れるカーボンの向きも変えたりと、かなりの時間をかけてスキー場での圧雪、パウダー、バックカントリーで試しました。
全て2種類の長さで全て作ってもらったので、全部で12本の板を1シーズンかけてテストしました。
中井孝治
Q:HPS × TAKAは現状まだ完成形ではなく、まだ進化の過程にあると伺っています。
今後、第3弾に向けてさらに改善していきたい、または究極の理想像はどこにあるのでしょうか?
ー孝治:第一弾と第二弾は完成形です。ただ板作りを始めた当初と考えが変わってきていて、1本で全てを賄うことはできるけど、コンデションによっては楽しめる幅が減ったりする場合がどうしても出てくるってことにぶち当たったので、好きなフィールドの中でも、コンディションのよってよりマッチする板に変えたほうがいいかなって。
今は最低3本、もしくは4本あると大体のコンデションをカバーできるかなって思っています。
そういった意味で3~4本のモデルがあるといいなと思っています。今後もっと増えたりもするかもですね、、(笑)
中井孝治
Q: 2019モデルよりHPSのバインディング(HPS DISTRICT)がラインナップに加わりましたがDISTRICT HPSの開発にあたって中井さんがこだわった部分、求めた機能は何でしょうか?
ー孝治:一言で言うと板との相性、連動ですね。ブーツは柔らかすぎるものよりはある程度体重を乗せて曲がるくらいの中間の硬さが好きなのですが、バインに関しては硬い、トーションが効かないと、ターンする時の動きが制限されたり、低速時に扱いにくい、安定しづらいといったことがあると思うので、ヒールカップを通常のdistrictよりもさらに柔らかくし、トゥストラップは以前のモデルについていたものの方が自分的にはしっくりきていたので、そっちを採用してもらいました。
Q: なぜ、SHADOW FITバインディングをチョイスしたのか?そして数あるSHADOW FITのラインナップのなかからDISTRICTをベースとして選んだ理由を教えてください。
ー孝治:あるモデルの中で単純に履いた感じが一番自分好みだったこと、デザイン、硬さなど。
中井孝治
Q: HPS×TAKA(ボード)とDISTRICT HPS(バインディング)を組み合わせることによって生まれるパフォーマンスとはどんなものでしょうか?
ー孝治:その道具の特性を理解し、しっかりと扱えれば、現時点では自分の求める自由自在の動きが可能だと思っています。
特に横方向や斜め方向への動き、細い微調整が可能。ターンはもちろん、ジャンプやパイプ、パークも僕くらいの感じで遊びで入るならなんでもいけちゃいます。
Q: 中井さんが思う、このセットアップが最も活きるフィールドとは?
ー孝治:僕はこれでパークもパイプもジャンプもゲレンデもパウダー滑るので全部と言いたいところですが、決められたところを滑るのではなく、決まった遊び方、決められたコースだけではなく、自由に自由なところを滑る人には向いていると思います。 (パークだけをメインに考えている人にはもっとパークだけに特化した板がありますが、、)
Q: このセットアップを実際にユーザーが使用した時の乗り方のアドバイス、コツを教えてもらえますか?
ー孝治:しっかりとセットバックを入れて、前足4後ろ足6割ぐらいの感じがニュートラルポジションとして乗ってもらえたらしっくりくると思います。ターン前半、特にヒールサイドは最初は前足にも乗りますが、後半にはしっかりと後ろ足に乗る。
大きいターンをする時やそのほかの状況によっても多少変わりはしますが、イメージとして前足は舵取りくらいの軽い感じので滑ってます。
中井孝治
Q: HPS×TAKAのブーツの開発が既に始動していると伺っています。 現時点でもしお話ししてもらえることがあればそのブーツに関して少し教えていただけますか?
ー孝治:ブーツはまだ構想段階なのでお話できるレベルまで達していません。
ですが、好みとしては柔らかすぎるだけのものは考えていないです。あとは耐久性、山で壊れないもの、壊れてもすぐ応急処置がしやすいことに重点を置いて考えています。あとは長く使えるようなもの。
現時点ではなんとも言えません。
Q: 最後に今回のHPS×TAKAのキャンペーンで当たるボードスタンドについて一言コメントをお願いします。
ー孝治:このスタンドはLowStandといって、カー団地オリジナルメンバーでもあるミノッチが愛情込めてハンドメイドで作っているおしゃれなボードスタンドです。そのほかミノッチはサーフボード、僕は額縁を飾る時にも使用しています。
せっかくの大切なスノーボード、倉庫ではなくこのスタンドで部屋に飾ることで、滑らない、滑れない時もボードをイメージできてテンションを上げてくれます。今はこの形のスタンドは売っていないのでゲットすること自体がレア!!
ぜひ早めに予約してゲットして飾ってください。
中井孝治

HPS–TAKA NAKAI X WOLLE NYVELT

WOLLE NYVELTと中井孝治のふたりでゼロからデザインして完成させたモデル。
テーパードのディレクショナルを採用し、POWDER CAMBER形状に加え、ノーズ部分がゆるやかなロッカー形状で操作性に優れている。
今シーズンは高速域での性能を考慮してカーボンを配備し、ある程度の張りを持たせることでさらに扱いやすいようにアップデートした。ギリギリまでテストを重ねてきた中井のこだわりが見事に形となっている。

DISTRICT HPS

こだわりを詰め込んだ中井孝治プロデュースのDISTRICT HPS。SHADOWFIT TECHNOLOGYを採用し、ジャンプ、レール、サイドヒットで最高のフリースタイルパフォーマンスを発揮する。シンプルながら、SHDOW FITシリーズで最も柔らかいSOFT HEELCUPとKEVLAR QUICKWIRE+ POWERHOOKを使い、ボードに自然にコネクトする。また、中井のライディングを最大限に発揮できるように、あえて足首の自由度が増すShadow Liteストラップを採用している。

キャンペーン概要

キャンペーン要項 HPSxTAKA LOWSTANDプレゼントキャンペーン(以下本キャンペーン) では、SALOMON SNOWBOARDS 19-20 NEW MODEL 『HPS×TAKA』または『DISTRICT HPS』バインディングをお買い上げいただいたお客様から抽選で100名様にSALOMON SNOWBOARDS×BAG WORM スペシャルコラボレーションスタンドが当たります。
賞品内容 SALOMON SNOWBOARDS×BAG WORM コラボレーションスタンド
応募条件 ・2019/20 SALOMON SNOWBOARDS 『HPS×TAKA』または『DISTRICT HPS』バインディングをお買い上げの方
(キャンペーン開始以前にご購入された方も応募可能)
(応募にはご購入・ご予約された際に発行されたレシートもしくは予約伝票等が必要となります。)
・WEB応募フォームのアンケートに回答できる方
・SALOMONからのお知らせをメールで受け取ることに同意いただける方
応募期間 2019年8月23日(金)00:00 〜 10月31日(木)23:59
応募方法 本キャンペーン期間内に、WEB応募フォームよりアンケートにご回答の上、ご応募ください。
注意事項 ・本キャンペーンのご応募は、⽇本在住の⽅に限らせていただきます。また、賞品の発送につきましては⽇本国内に限定させていただきます。
・応募はお⼀⼈様1回限りとさせていただきます。
・本キャンペーンは、WEB応募専⽤フォームよりご応募を受け付けています。店頭、電⼦メール、FAXからのご応募は受け付けておりません。
・ご応募に関して不正な⾏為があった場合は、当選を取り消させていただく場合があります。
・ご連絡先の確認が取れない場合や登録後の住所変更につきご連絡がない等ありました際、当選を取り消させて頂く場合がございます。
・当選権利の譲渡、換⾦、売買は⼀切できません。
・本キャンペーンは、掲載画像と⼀部異なる場合がございます。
・本キャンペーンでご回答いただきましたアンケートのコメントは今後の販促キャンペーンの際に使用させていただくことがございます(個人名や個人情報は一切公表いたしません)
・本キャンペーンを予告なく終了、または内容を変更することがありますのであらかじめご了承ください。
当選者発表方法 ・厳正な抽選の上、応募期間を締めさせて頂いた後当選者を決定し、賞品の発送をもって発表にかえさせていただきます。
・賞品は、11月中旬頃に発送予定です。
・お電話やメールでの当選結果のご質問にはお答えできませんので、ご了承ください。
個人情報の取扱いについて 以下、アメア スポーツ ジャパン株式会社のプライバシーポリシーに準じて適切に管理・運用致します。
プライバシーポリシー
お問い合わせ SALOMONキャンペーン事務局 tel 03-6831-2718 受付時間 / 10:00~18:00 ※土・日・祝日を除く
応募は締め切りました
TIME TO PLAY BY SALOMON JPN