TIME TO PLAY BY SALOMON JPN
TIME TO PLAY BY SALOMON JPN

TIME TO PLAY BY SALOMON JP

MAX BURI CP

SALOMON SNOWBOARDS TEAM 随一のスタイラー、
MAX BURIがグローバルチームに昇格!
それを記念して、20-21ニューモデルの『DANCEHAUL』に
スペシャルグラフィックを施した『MAX BURI PRO 152』が
日本国内先着10本という超限定数量でドロップ。

MAXBURI


僕が乗っているボードは今季から新登場のDANCEHAULだよ。フレックスが超やわらかくて、全体的なシェイプはとてもサーフっぽい。この組み合わせが個人的には最高だと思ってるんだ。
お気に入りポイントは、ちょっとスワローテールっぽくなっているところ。サーフィンみたいにパウダーやゲレンデをクルージングしたい人にはオススメだね。ただ、パウダーではとても気持ちよくライドすることができるけど、ゲレンデのグルーミングバーンではエッジに乗るためにちょっとしたコツと力が必要になってくることは覚えておいて。でも、慣れてしまえばスイッチでも楽しめるから問題ないはずさ。

限定モデルの特徴的なグラフィックデザインは、半分がスティーブ・キャバレロ、もう半分がウータン・クランからインスパイアされているんだ。ホームタウンのスノーパークの上の方にちょっとしたピークがあるんだけど、それがウータンのロゴっぽく見える。だから、僕たちはそれを「シャオリン・マウンテン(少林山)」って呼び始めたんだ。とにかく僕は、そんなシャオリン的なバイブスを探していたのさ。


MAX BURI

マックス・ブリ
1993年9月15日生まれ
スイス・ベルン出身
スノーボード歴13年
身長175cm


MAX BURI PRO 152
¥72,000 + tax

MAX BURI PRO 152
MAX BURI PRO 152

DANCEHAUL

BURI PROのベースとなった、
サーフライクに遊べる
ファットショートボードが
2020-21シーズンに新登場

SALOMONのボード史のなかでも
名機と謳われるDERBYをモチーフに、
今シーズンから新たに
ラインナップに加わったのが、
ショートでファットなDANCEHAULだ。
テーパードディレクショナル形状で、
どんな雪のコンディションでも
安定した機動力を発揮し、
フリーライド中にフリースタイルな遊びを
自在に繰り出せるのが魅力の1本。

Rider impression interview
with IKUMI IMAI

-どんなシチュエーション、フィールドで一番ポテンシャルを発揮するボードだと思いますか?

機動性が抜群なので、パウダーだったらツリーラン!あとはゲレンデパウダー!ゲレンデ内を遊び尽くしたいときこそこのボードって感じですね!
パークもハードすぎないコンディションだったらすごく楽しめると思います!

-乗りこなすためのコツを伝授してください。

かなり柔らかいフレックスということもあって、ボードのしなりに合わせるように膝を柔らかく使う事がコツだと思います。
あと若干後ろ足に乗るとターンも切りやすいと思います!!

-個人的におすすめのセッティング、マッチすると思うSALOMONのバインディング、ブーツは?

個人的には
バインはHOLOGRAM
ブーツはLO-FI
がおすすめです!
足を広く、柔らかく使えるようなセッティングがボードのパフォーマンスをさらに引き出してくれると思いますね! 

-ユーザーが自分にあった長さを選ぶポイントはどこでしょうか?

体重に合わせて選ぶといいと思います!
ソフトフレックスなので体重が重い方は長めの板を選ぶといいと思います!
機動性は高いボードだからこそ長めに乗っても十分動けますが、スタンダードな長さの選び方が逆に面白いと思います。

-最後にDANCEHAULというボードを一言で表現すると?

初級者〜上級者までこの一本でゲレンデを楽しめるボードだと思います!
僕はメインボードとして使用してはいませんが、常に車に積んでおきたいですね(笑)


今井郁海
1996年9月3日生まれ
長野県上田市出身
身長165cm

Rider impression interview
with KATSUSHI MATSUI

-どんなシチュエーション、フィールドで一番ポテンシャルを発揮するボードだと思いますか?

この板はゲレンデでのフリーライティングの中でフリースタイルする滑りに合ったボードです。ミドルフレックスのこのボードは、力の抜けたトリックのしやすやが特徴的!ただ、パウダーランも最高で太めのノーズ、やや太めのウエストが浮力生みます。
思わず声が出ちゃうくらいツリーランも気持ちいいですね!
174cmの僕は152cmでちょうどよく感じます。
長いサイズをチョイスする必要がないんですよね!

-乗りこなすためのコツを伝授してください。

乗りこなすコツは、ターンは斜面に合わせる踏みや抜きを丁寧にすることで板のパフォーマンスを引き出すことができます。
そして、常に板のセンターに体の軸を意識してトリックするのも効果的かな。
フリーライドだからって無理に後ろに乗る必要もないから楽だな~。

-個人的におすすめのセッティング、マッチすると思うSALOMONのバインディング、ブーツは?

オススメのセッティングはフロントは21度〜12度、バックはー3度〜ー9度のリコメンドスタンス(56.5㎝)。リコメンドスタンスが広いと感じる方は、自分の肩幅くらいに合わせて乗るのもありです。
ワイドスタンスはオススメしません。
ちなみに僕のバインはハイランダーで、ブーツはシナプスです。 

-ユーザーが自分にあった長さを選ぶポイントはどこでしょうか?

板の選び方はそれぞれだと思うのですが、フリーライドカテゴリーで言えば普段乗ってる-5cmくらいでちょうどいいと思います。
身長に対して適正なサイズで十分なパフォーマンスを得られますね!

-最後にDANCEHAULというボードを一言で表現すると?

一言で表現することは難しいですが、今までのサロモンスノーボードらしからぬ楽しさを持つパウダーでも効果を発揮できるフリースタイルボードって感じかな。
めっちゃ良いです(笑)


松井克師
1971年6月20日生まれ
北海道今金町出身
身長174cm

DANCEHAUL
¥69,000 + tax

DANCEHAUL
DANCEHAUL

エントリー後の流れ

STEP1 <購入方法のお知らせ通知>
お申し込みされてから【2週間以内】にご確認のメールをお送りいたします。
STEP2 <購入店連絡&お支払い>
SALOMON SNOWBOARDSより、ご購入希望店舗へ
お客様のお名前とご連絡先の電話番号をお伝えさせて頂きます。

確認メールを受け取られましたら、店舗へお電話、もしくはご来店頂き、購入のお手続きについてご確認ください。
*ご注文後のキャンセルはお受けできませんので、ご了承ください。
*商品は定価販売となります。
STEP3 <商品の受け取り>
商品は、SALOMON SNOWBOARDSより選択された店舗へ発送となります。
商品が到着しましたら、店舗よりお客様にご連絡がいきます。店舗とご相談されたタイミングでご来店いただき、商品をお受け取りください。
TIME TO PLAY BY SALOMON JPN