TIME TO PLAY BY SALOMON JPN

TIME TO PLAY BY SALOMON JP

UTMB2017

Chamonix, France—-In the months and weeks leading up to the 2017 Ultra-Trail du Mont-Blanc (UTMB), the 100-miler was billed as potentially the most competitive race in the history of ultra-marathons. The race attracted what was considered by many to be the deepest, most talented field in history and the course loop around the Mont Blanc Massif from Chamonix and into Italy and Switzerland is a setting unlike any other.

2017年の100マイルレース・UTMB(Ultra-Trail du Mont Blanc)は、歴代のULTRAマラソンの中でも最も競争の激しいものになると言われていた。多くのランナーからウルトラレース史上最も奥深く技術を要するフィールドとされるこのコースは、シャモニーをスタート地点とし、モンブラン山脈の周りをループし、イタリアとスイスを巡るという、他に類を見ないものとなっている。

Despite that buildup, somehow, on this first weekend in September, the race lived up to the hype. Over 19 mostly chilly, rainy, slippery hours, Salomon athlete Francois D’haene was up to the task on his home soil, besting teammate Kilian Jornet to win his third UTMB title. D’haene finished in a remarkable 19:01:32, 15 minutes and 6 seconds ahead of the nearly-unbeatable Catalan.

9月初旬に行われたこのレースは、予告を裏切ることなくランナーたちの期待通りのものとなった。肌寒い雨の中滑りやすいフィールドでの19時間以上に渡る自国フランスのトレイルにおいて、フランソワ・デンヌは、UTMBにて三冠を成し遂げたチームメイトのキリアン・ジョルネに挑み、今までほぼ無敵と言われていたジョルネより15分6秒も速く、19:01:32という記録的なタイムでゴールした。

D’haene, who has cemented himself as a legend in the ultra-distance category with numerous wins and achievements over the last several years, took a steady but relentless approach on Friday and Saturday. As American Jim Walmsley set a torrid pace early, the two Salomon team stars seemed content to keep the notoriously fast starter within striking distance while not chasing too hard too soon. When Walmsley’s speedy pace eventually took its toll during the early hours Saturday morning, D’haene and then Jornet pushed past.

ここ数年でいくつもの勝利や功績を収めたことで、ウルトラディスタンスカテゴリーでレジェンドという確固たる地位を確立してきたデンヌは、金曜日から土曜日に掛けて、着実だが情け容赦のないアプローチを見せた。アメリカのジム・ワルムスレイ選手が速いタイミングで急ピッチに距離を稼いでいた隣で、サロモンチームのエースたちはペースとタイミングをコントロールしながら走ることに徹していた。その甲斐あって、土曜日の早朝にワルムスレイが失速し始めた頃、デンヌとジョルネは追い上げを見せた。

Jornet had fallen a few minutes behind Walmsley and D’haene by the midway point, but the three-time UTMB champ gamely ran on. After passing Walmsley, he set his sights on D’haene, the new leader, but was unable to significantly close the gap on the French winemaker. Walmsley would rally late to finish 5th.

ジョルネは中間点でワルムスレイとデンヌに数分の遅れを取ってしまうが、三度もUTMBに優勝しただけあり、果敢に走り続けた。ワルムスレイを追い越した後、先頭に立つデンヌに狙いを定めたが、開いてしまった二人の距離を大幅に縮めることはできなかった。追い抜かれたワルムスレイは5位で終わった。

D’haene and Jornet were in Salomon apparel and footwear from head-to-toe. D’haene wore the Salomon S/LAB Sense Ultra 2, a shoe he helped develop with the company that will be available at retail in early 2018, while Jornet wore Salomon’s customizable S/LAB ME:sh running shoes.

デンヌとジョルネは二人とも全身サロモンのアパレルとフットウェアに身を包んでレースに臨んだ。デンヌは、自身も開発に携わった2018年発売予定のS/LAB Sense Ultra 2を履き、ジョルネはカスタマイズ可能な新コンセプトシューズ、S/LAB ME:shを着用してレースに挑んだ。

Both D’haene and Jornet wore Salomon S/LAB Modular apparel, S/LAB running jackets and S/LAB Sense Backpacks (running vests).

二人とも共通してSalomon S/LABアパレル、そしてS/LAB Senseバックパックを身に着けた。

In the women’s UTMB, winner Nuria Picas used Salomon footwear and a Salomon backpack to finish in 25 hours, 46 minutes and 43 seconds.

世界と渡り合った丹羽薫。そして女性部門でも躍動したSalomonアスリート。

昨年のUTMBでの8位入賞から1年、モンブランに帰ってきた丹羽薫は日本人女子最高位の4位入賞を遂げた。8月のトロムソ・スカイランニングでの転倒により手首の骨折を負い出場を心配されたが、幸いに怪我はほぼ回復しUTMBのスタートラインに立った。しかしながらギブスをしていない右手だけでポールを持ち、後半は患部から痛みが生じながらも、120km地点で4位のポジションを確認するまでは順位を気にせず常に自分のペースを保ち、世界の強豪と堂々と渡り合っての4位入賞であった。 UTMBの女性部門優勝者ヌリア・ピカスもサロモンフットウェアとサロモンバックパックを使用し、25時間46分43秒の記録を叩き出した。

ATHLETE COMMENTARY アスリートコメント

Francois D’haene:
“After a while you forget suffering. I was here in 2014 and managed my race and gave my best. This year’s race was a dream. Even in the last downhill, I was managing my race and very concentrated and aiming for first place. Seeing all the race supporters and also running with other elite runners helped. When we train or do other races, we don’t see each other, so I was so happy to share this with the other runners because we had a chance to talk and live this together.”

フランソワ・デンヌ:
「時間が経つと苦しさが段々紛れてきます。2014年にもここに立ち、エネルギーをコントロールしながらレースに出て、ベストを尽くしました。今年は夢のようなレースでした。最後の下り坂でも、エネルギーコントロールが上手くできており、集中も途切れることなく1位の座を目指して走れていました。ギャラリーの声援、そしてほかのエリートランナーたちと共に走れたことが大きな助けになりました。トレーニングする時やほかのレースに出る時はランナー同士顔を合わせることがないので、今回この体験を彼らとシェアすることができてとても嬉しかったです。」

Kilian Jornet:
“The biggest difference since I was here at UTMB in 2008 and 2011 is the growth of trail running and the amount of spectators. This year, there was not 30 minutes between seeing supporters even in the snow and rain in the middle of the night. Also, the depth of the field and amount of elite runners was something I’ve never seen before at other ultra-races. It really pushes the racers to go even faster and you can see that in the times of the runners and the amount runners closely bunched together.”

キリアン・ジョルネ:
「2008年と2011年に参加した時と比べて大きく変わったと感じたのは、トレイルランニング業界の拡大とギャラリー数の増加です。今年のレースでは、雨や雪の中、さらには深夜でさえもギャラリーが30分と途切れることはありませんでした。また、これまで参加してきたどのウルトラレースよりも、フィールドは奥深く、エリートランナーの参加も多かったと感じました。この二つの要素はランナーたちがさらに速く走りたくなるような刺激となり、その結果として彼らは好タイムを出し、1位の座を競い合うために密着しながら集団で走っている様子が見受けられました。」

MORE TEAM SALOMON SUCCESS AT CHAMONIX THIS WEEK 同じく今週シャモニーで挙げられたサロモンチームメンバーの功績

In other races leading up to the UTMB this week, Salomon team athlete Michel Lanne won the 119km TDS race in 14 hours, 33 minutes and 9 seconds. Fellow Salomon athlete Mimi Kotka won the women’s TDS in 15:47:07. The Swede finished 10th overall.

今週のUTMBに通じるほかのレースでは、119キロメートルのTDSレースに参加したサロモンアスリートのミシェル・ランヌが14時間33分9秒のタイムで優勝した。同じく、チームメイトのサロモンアスリートであるミンミ・コトカも、TDS女性部門で15:47:07のタイムで優勝した。彼女はレース全体の10位にランクインした。

Salomon team athlete Marc Lauenstein was victorious in the 56km CC race, followed closely by fellow Salomon athlete Thibaut Baronian in second place. Lauenstein, a dentist from Switzerland, finished in 5:19:34 seconds. Baronian was 4 minutes and 34 seconds back.

56キロメートルCCレースでは、Salomonアスリートのマルク・ローレンスタインが、2位のサロモンチームメイトのティボー・バロニアンと僅差で勝利を収めた。普段スイスで歯医者として働いているローレンスタインは5:19:34で、そしてバロニアンはその4分34秒後にゴールした。

In the 100km CCC race, Salomon athlete Marcin Swierc of Poland finished second while Salomon’s Tom Owens of England was fourth.

100キロメートルCCCレースでは、ポーランド出身のサロモンアスリート・マーチン・スビエルクが2位に、そして同じくサロモンアスリートのイギリス出身のトム・オーウェンスは4位に入賞した。

In the 17.6km #YCC race (for runners ages 16-22), Salomon team runner Davide Magnini of Spain was the winner. In sixth place was fellow Italian Riccardo Scalet, another Salomon team member. On the women’s side of the #YCC race, Spain’s Leire Fernandez-Abete was victorious in a time of 2:07:20.

17.6キロの#YCCレース(対象年齢:16~22歳)では、スペイン出身のサロモンランナーのダビデ・マグニーニが優勝した。6位には、同じくサロモンチームメンバーのイタリア出身のリカルド・スカーレットがランクインした。同レースの女性部門では、スペイン出身のレイレ・フェルナンデス=アベーテが2:07:20の好タイムで優勝を飾った。

Born in the French Alps in 1947, Salomon is committed to pushing the boundaries of mountain sports through the creation of innovative equipment that allows people to play, progress and challenge themselves in their chosen outdoor sports. The company produces and sells premium footwear, winter sports and mountaineering equipment, hiking equipment, and apparel specifically designed for all of those disciplines. Products are developed in the company’s Annecy Design Center, where engineers, designers and athletes collaborate to create innovative solutions that continually improve the outdoor experiences of those who see nature as a vast playground.

SALOMON キリアン・ジョルネ
SALOMON キリアン・ジョルネ

マウンテニアリングシューズでランニングができたら?
バックパックを着られるようにしてみたら?
プレーヤー※1の「~だったら?」を叶え、未来を導く、
S/LABプレーヤーの貴重な経験と無限のアイデアが、
アネシー・デザイン・センター※2に持ち込まれ、
待ち受けるエンジニアとデザイナーによって命を宿す。
スポーツの未来を見据えた三位一体の共同作業。
それこそが進化の起源、S/LABの魂。

※1 SALOMONと関わりのある、スポーツの頂点を目指すアスリートや
プロフェッショナルやエキスパート達
※2 フランス南東部の湖畔町アネシーにある、SALOMONブランド本社機能と
全プロダクトの開発拠点機能を併せ持った施設

SALOMON’S S/LAB COLLECTION キリアンも開発に関わるスポーツの未来を表現した革新的コレクション。
プレーヤー、デザイナー、エンジニアが三位一体となって生み出すアイデアは、
我々に新たなベネフィットをもたらしてくれる。

SALOMON S/LAB X ALP CARBON 2 GORE-TEX®
S/LAB X ALP CARBON 2 GORE-TEX® ¥42,000+tax

蛇腹状のカーボンシャーシを採用し、最高クラスの機動力を持ったスピードハイク対応マウンテニアリングシューズ

SALOMON S/LAB XA ALPINE
S/LAB XA ALPINE ¥40,000+tax

S/LAB SENSE をベースにアプ ローチシューズのボトムユニット をハイブリッドさせたALPINE ランニングコンセプトシューズ

SALOMON S/LAB SENSE 6
S/LAB SENSE 6 ¥20,000+tax

足裏感覚を研ぎすますアスリート の為に開発されたナチュラルモー ショントレイルランニングシューズ

SALOMON S/LAB X ALP PRO JKT & PANT
S/LAB X ALP PRO JKT & PANT ¥69,000+tax / ¥63,000+tax

動き易さを追求した裁断技術 「MOTIONFIT」を採用したGORE-TEX®PROシェル ジャケット& パンツ

SALOMON S/LAB X ALP ENGINEERED JKT & PANT
S/LAB X ALP ENGINEERED JKT & PANT ¥38,000+tax / ¥35,000+tax

耐久性が必要な箇所に独自の 圧着技術による補強を施した ストレッチマウンテンジャケ ット& パンツ

SALOMON S/LAB HYBRID JKT U
S/LAB HYBRID JKT U ¥35,000+tax

足を止める事無く着脱ができる ユニークなアノラック仕様を持 った防水/ 透湿ランニングシェル ジャケット

SALOMON S/LAB HYBRID PANT M
S/LAB HYBRID PANT M ¥23,000+tax

稼働域にのみストレッチファブ リックを用いた超軽量ランニン グハイブリッドパンツ

SALOMON S/LAB LIGHT JKT M
S/LAB LIGHT JKT M ¥18,000+tax

レーザーカットホールによる ベンチレーション機能を持った 超軽量ランニングウインドシェル ジャケット

SALOMON S/LAB EXO HZ SS TEE M
S/LAB EXO HZ SS TEE M ¥14,000+tax

筋肉の横ブレを防ぎ、疲労を 軽減するEXO コンプレッション 採用のハーフジップT シャツ

SALOMON S/LAB SENSE TEE M
S/LAB SENSE TEE M ¥11,000+tax

吸放湿性を極限まで高めた 繊維3 7 . 5 ™ を採用した超軽量 ランニングT シャツ

SALOMON S/LAB SHORTS SERIES
S/LAB SHORTS SERIES ~¥6,500+tax

通気性に富んだ4way ストレッチ 素材を採用したランニングショ ーツ。2 レングス展開

S/LAB TIGHTS SERIES
S/LAB TIGHTS SERIES ~¥14,000+tax

コンプレッション、サポート、 軽量と異なる効果を有したタイツ コレクション

SALOMON S/LAB MODULAR BELT U
S/LAB MODULAR BELT U ¥5,000+tax

フラスクやジェル、小物が 収納可能な4 w a y ストレッチ ウエストベルト

SALOMON S/LAB PEAK 20
S/LAB PEAK 20 ¥26,000+tax

トレイルランニングで培った テクノロジーが凝縮された、 あらゆる山岳アクティビティー に対応するバックパック

SALOMON S/LAB SENSE SERIES
S/LAB SENSE SERIES ~¥20,000+tax

肋骨周りで装着することで身体 とバックパックの軸が完全に リンクし、究極のフィット感 を提供

TIME TO PLAY BY SALOMON JPN