TIME TO PLAY BY SALOMON JPN
TIME TO PLAY BY SALOMON JPN

TIME TO PLAY BY SALOMON JP

PLAY TO WIN AN ULTRA S/LAB ULTRA

PLAY MOVIE 動画はコチラ 体感レポートはコチラ

ULTRA DISTANCE NEEDS -ウルトラを制する為に-

– 長距離における快適性 (クッション性と岩場でのプロテクション性)
– 確実なフットホールド (ダウンヒルでの安定感と正確性)
– ハード、ソフト、ルーズと路面状況に捕われないグリップ力
– 自然地形への順応性

フランソワ・デンヌの経験によって生み出された、ウルトラを征する 為のプロジェクト、S/LAB ULTRA、2018年デビュー。

① ULTRA DISTANCE COMFORT

高耐久PUフォームEnergysave®をフォアフット部分アウトソールとミッドソールの間に搭載し、長距離走行をサポートする為の継続的なクッション性と、路面の凹凸からの突き上げから足を守るプロテクト性を発揮。更に同箇所には、足の動きに呼応する為のスリット加工を施した特殊なフィルムを貼り合わせ、プロテクト性を高めるとともに、かかとからつま先への体重移動をスムースに行える設計とした。ミッドソールには高反発フォーム材EnergyCell+を搭載し、軽やかなステップワークが可能。ウルトラディスタンスを走破する為の特別なボトムユニット。

② FIT

ダウンヒルでの安定感を更に高める為、2枚の可動式パネルをSensifit TMにハイブリッド。 S/Lab Ultraにのみ採用されたフィット構造。

③ GRIP

PremiumWetTractionを採用した最新のContagrip®アウトソール。更に高まったグリップ性能は、ダウンヒルも臆する事無く挑み続けられる。

FRANCOIS D’HAENE THE AMBASSADOR

最も有名なウルトラレースであるUTMBを2度、そしてGrand Raid de La Reunionを3度優勝。2016年世界で最も過酷と言われるGR20 in Corsica(全長180km,累積標高12,874m)では、2009年に最強のトレイルランナーと称されるキリアン・ジョルネが樹立した、32時間54分という最速記録を約2時間短縮させた、31時間6分の最速記録を打ち立てた。

ウルトラトレイルを象徴するアスリート
フランソワ・デンヌ FRANCOIS D’HAENE RESULT

・UTMB 2012,2014
・GRR 2012, 2014, 2016
・UTMF 2014
・HK 100 2016
・GR20 RECORD 2016

QUICKLACE
体感した瞬間、虜になる。特許取得のレーシングシステム

QUICKLACE「簡単」だけじゃない、特許取得技術により、シューズの快適性を高めるレーシングシステム。その特徴と正しい使い方をムービーで解説します。

PLAY MOVIE 動画はコチラ

SALOMON ランニング
フットウエアアンバサダー TEAM R×L所属 吉田香織

2015 さいたま国際マラソン 2位
2017 ハセツネ30K 1位

ロードランニングでの確かな実績を持ち、トレイルランニングの魅力も知る吉田香織選手をアンバサダーに迎え、 ロードもトレイルもSALOMON ならではのランニングをお届けします!

FOR TRAIL RUNNING

『ロード以上に筋肉へ負荷の掛かるトレイルランニングでは、VIBEテクノロジーのおかげで疲労蓄積によるペースダウンも防げ、タイム短縮にも繋がります。』

  • SENSE RIDE SENSE RIDE
  • SENSE RIDE W SENSE RIDE W

VIBE™ TECHNOLOGY LESS VIBRATION. LOWER IMPACT. MORE PLAY.

疲労軽減、怪我予防を叶える唯一の振動吸収テクノロジー

GEOMETRIC DECOUPLING 足のガイダンスを導き出す軸設計

走る為に必要な足の機能を損なう事や矯正する事無く、より自然なストレスの無い足の動きを導き出す軸が設計された、特別なアウトソール。

GRIP TO PLAY IN ALL CONDITION

あらゆるスポーツシーンで、乾いた路面も濡れた路面も最適なグリップ力と耐久性を提供するため、シューズ毎にラバーの成分配合率を微調整し、更にラグ形状を細分化。Salomonアスリートのフィードバックと技術開発力によって生み出されたアウトソールブランドContagrip®

COMPOUND (ラバー成分配合率)

20種類以上の原料を組み合わせ、80種類ものコンパウンドを開発。
シーンに合わせ、シューズ毎に最適なコンパウンドを提供。

GEOMETRY (ラグパターン)

位置、形状、大きさ、深さまで、シューズと路面がどのように相互作用をもたらすかを計算し、最適化。

ラグパターン例
歩行の安定感と岩場での確実な
グリップ力を提供する大きなラグ形状。
つま先を駆使するクライミングに対応する、 左右非対称のクライミングゾーン。
登り、下りそれぞれに最適なグリップ力を 提供するための、2方向のV字形状ラグを配備。
下りでのブレーキ効果を発揮する、より深いラグ。
泥や水をスムーズに排出するためのピラミッド型ラグ。
PLAY MOVIE 動画はコチラ
TIME TO PLAY BY SALOMON JPN