TIME TO PLAY BY SALOMON JPN
TIME TO PLAY BY SALOMON JPN

TIME TO PLAY BY SALOMON JP

HPS×TAKA HPS×TAKA

進化し続ける中井孝治プロデュースのHPS、
3シーズン目を迎える今回は
どんな進化を遂げたのか!?

Rider:Takaharu Nakai / Photographer:Tsutomu Nakata

Q:まず、今回で3本目のHPS×TAKAのリリースとなるので既にご存知の方も多いかとは思いますが今回初めてHPS×TAKAに興味を持っていただいた方にむけて、HPS×TAKAとはどんなコンセプトをもったボードなのか?どんな人に向いているのか?を教えてください。

HPS×TAKAは日本の雪質や地形で気持ち良くスノーボーディングをすることを考えて作ったマニュアルなスノーボードです。

フィールドのことを考えて作っているので、自分に合わせていくのではなく道具に自分をFITさせていくことがこの板の乗り方だと思っています。

ですので、この板のフィールドやライディングスタイルがFITする方に乗ってもらうことが良いと思っていますね。
フリースタイルなフリーライディングをしたい方すべての方に向いているとも思います。

Rider:Takaharu Nakai / Photographer:Tsutomu Nakata

Q:過去の2本と比べて変えた部分、逆に変えずに残した部分はどこでしょうか?

アウトラインや外見は変わりませんが、ノーズ部分にはハニカム&コルクを新たに搭載したので全体的な重力(スウィングウェイト)が軽くなりました。

なぜ全体的ではなくノーズだけ軽くしたのか?

それはスウィングウェイトもそうですが、ジャンプをした時に感じるセットバックやテーパードによるノーズ側の重さ。
飛ぶ人からするとアンバランスに感じる重さから、だんだん飛ぶことを意識しなくなってしまうと思ったからです。

実際に自分もそうなって来たかもしれませんが、今季はこのノーズの軽さのおかげで昨年よりもジャンプもしています(笑)

Q:上記の変化を加えたことによってHPS×TAKAはどのように進化したのでしょうか?

上記質問の答えとかぶりますが、ノーズ部分のスウィングウェイトがさらにしやすくなったことで操作性が上がったこと。

ジャンプ時に感じていたノーズ側の重さのバランスが良くなり、フリーライディング時の乗りやすさを変えずにフリースタイルをより楽しめるように進化した!
という感じです。

Rider:Takaharu Nakai / Photographer:Tsutomu Nakata

Q:次にDISTRICT HPSについて教えてください。
まず、土台となっている、SALOMON独自のテクノロジーを搭載したDISTRICTをチョイスした理由はなんでしょうか?

このモデルのフレックスと見た目、使ったフィーリングが一番しっくりきたことです。

もともとHOLOGRAMを使用していましたが、
SHADOW FIT自体がモデルチェンジしてレスポンスが向上したため、
1段階柔らかいモデルのDISTRICTをベースにいじりたいなって思いました。

Q:ノーマルのDISTRICTとDISTRICT HPSは何が違うのでしょうか??

大きく違うのはガスペダルがフラットになっていることです。
よーく見ないと気づかないところですが、この部分は皆意識せずに使っている部分だけどかなり重要だと思っています。

ガスペダルの反応の良さもあり、春雪の時にはエッジに乗りすぎてしまう、思ったよりもエッジが入りすぎてしまっている。というようなことが何度もあったように感じるので、そういったことが起きないように自分が伝えたい分、入れた分だけ反応するようにフラットにしました。
バインディングもよりマニュアル感を出して自分でコントロールできるように考えてそうしました。

Rider:Takaharu Nakai / Photographer:Tsutomu Nakata

Q:HPS×TAKAとDISTRICT HPSを組み合わせることでこのセットアップが発揮できるパフォーマンスとは??

究極にフリースタイルフリーライディング。
ターンからジャンプまであなたのスキル次第できれいな曲線を描きながらどこへでも連れて行ってくれます。

Q:このセットアップにマッチすると思われるSALOMON BOOTSを教えてください。

現状ではシナプスを使っていますが、現在新しいブーツを開発しているところです。
まだはっきりしたことをお伝えできませんが、イメージは壊れにくく!へたりにくく!シンプルな見た目のしっかりとしたブーツ。

スピード域が他の横乗りに比べると高いので、ハイスピードでもしっかりと足首をホールドしてくれ守ってくれるミディアムフレックスと
ターンを楽むことができる足首の自由度を制限させないトーション。
そこのバランスがかなり重要だと思って現在開発しています。

Q.また、どんなロケーション(シチュエーション)で最も力を発揮すると思いますか??

整地されているグルーミングバーンも板の乗り味や良さを実感できると思いますが、特に2Dな地形や斜面よりも3D地形や斜面、そういったライン取りでの遊び方、乗り方、パウダーやコーンスノーでは特に感じてもらえると思います。

Rider:Takaharu Nakai / Photographer:Tsutomu Nakata

Q:どのくらいのレベルのスノーボーダーに適していると思いますか?

ボードとバインはフレックスがソフトなので実は初級者の方にも合うと思います。
逆に中級になってくるとやりたい場所はやりたい技などが出てくる方が多いと思いますので、そういった方は
そのフィールドに特化したものを選ぶのがいいかと思います。
フリーライディングが好きで自由に滑りたいすべての方にオススメしたいです。

Q.最後に、このセットアップを乗りこなすコツについて教えていただけますか?

乗りこなすためには道具の使い方、セッティング、乗り方を理解して意識して楽しんで滑ること!!ですね。

Rider:Takaharu Nakai / Photographer:Tsutomu Nakata

様々なテクノロジーが搭載された道具を使用し、
単純にスノーボーディングを
『楽しめる』ことも
大事なファクターではあるが、
スノーボーディングをさらに奥深く
『楽しむ』ことができ、
瞬間瞬間の価値を高めることができる
マニュアル・スノーボーディングは
きっとあなたの意識に
変革をもたらすものになるに違いない。

Rider:Takaharu Nakai / Photographer:Tsutomu Nakata

PRODUCT

HPS – TAKAHARU NAKAI¥90,000

今季で3年目に突入し、さらに進化した中井孝治プロデュースモデル。ユニークなテーパードをしたディレクショナル形状を採用し、POWDER CAMBER構造に長めのロッカーを持つノーズを組み合わせたことで操作性に優れ、スムースな乗り心地を実現。また、ノーズとテールのウエイトバランスの向上させ、さらなる取り回しのよさを求めた結果、ノーズ部分にはハニカム&コルクを搭載した。

DISTRICT HPS¥42,000

中井孝治が考える「マニュアル・スノーボード」を具現化するために、ベースをフラットに変更(ガスペダルを撤廃)し、均一な足裏感覚でのライディングを可能にしたDISTRICT HPS。フィット感と横方向の柔軟性を高めるSHADOW FIT、SHADOW LITEアンクルストラップを備えており、深い雪の中でも木々をかわしたり、ピローラインをナビゲートしてくれる。

PRO SERIES取扱い店舗はコチラ

TIME TO PLAY BY SALOMON JPN