TIME TO PLAY BY SALOMON JPN

TIME TO PLAY BY SALOMON JP

メルマガ会員登録

IMPRESSION

いま世界中で注目されている「四国遍路」とは?2017/05/16

はじめまして、四国専門旅行会社「株式会社四国遍路」所属、四国八十八ヶ所遍路大使の佐藤崇裕と申します。

ご縁があって「TIME TO PLAY by SALOMON JPN」にインプレッションを書かせていただくことになりました。

なぜ旅行会社に所属する私がSALOMONのインプレッションを書くことになったかというと、いま世界中で注目されている四国の巡礼旅で弊社の社名にもなっている「四国遍路(しこくへんろ)」とアウトドアグッズの関連からでした。

 

四国遍路を皆さんご存知でしょうか。

名前ぐらいは聞いたことがあるといった方や、「弘法大師(こうぼうだいし)」と関係しているんでしょといったように、知ってはいるけど詳しい内容はわからないという方が多いのではないでしょうか。

四国遍路とは、今から約1200年前、平安時代に活躍した高僧で真言宗の開祖「空海(くうかい) ※のちの弘法大師」が、四国中を修行してまわったゆかりの地を巡礼する旅で、四国遍路を旅する旅人を「お遍路さん」と呼びます。

江戸時代以前は、真言宗の僧を中心にした修行として形作られていましたが、江戸時代から一般大衆が巡礼旅として四国をまわるようになり、現在では宗教巡礼の意味だけではなく、癒しや自己実現、四国の自然や地域性を体感するアドベンチャーとしてまで様々な目的で四国遍路を体験するために多くの旅人が四国を訪れています。

四国で長く受け継がれてきた文化として世界遺産に登録しようという動きもあることから、日本国内のみならず海外でも注目も高まっており、近年は欧米を中心に外国人のお遍路さんも増えてきて、国際化が進行しています。

四国中には空海ゆかりのお寺や景勝地、様々な伝説が残されていますが、その中でも四国遍路の巡礼旅としてもっとも有名なのが「四国八十八ヶ所霊場巡礼」です。
四国中にある「札所(ふだしょ)」と呼ばれる八十八ヶ所のお寺をお参りしてまわる旅で、特に順番が決められているわけではありませんが、徳島県鳴門市の1番札所「霊山寺(りょうぜんじ)」から、徳島県、高知県、愛媛県、香川県の札所を経て、88番札所「大窪寺(おおくぼじ)」まで札所番号順に巡礼するお遍路さんが多いです。

四国八十八ヶ所巡礼の総行程は約1,200kmといわれており、自動車でまわった場合でも10~15日ほど、歩いてまわった場合は45~60日ほどかかる長期間の旅となりますが、その分、四国の魅力や地元の人との新しい出会いがあったり、巡礼を終えたときに感じる達成感や様々な思い出は特別なもので、四国遍路でしか味わうことができないものがあります。

 

私自身、2015年に全周徒歩での四国八十八ヶ所巡礼を経験し、その経験を元にお遍路さんをメインターゲットに四国での新しい旅行サービスを提案する四国専門旅行会社「株式会社四国遍路」を創業し経営するかたわら、四国八十八ヶ所遍路大使として四国遍路のPRや文化の維持・発展のために活動しています。

 

と、ここまでが四国遍路のご紹介で、前置きが長くなってしまったのですが、肝心の私とSALOMONの出会いは、私が歩き遍路を行った際に使っていたシューズがSALOMONの「XA PRO 3D GORE-TEX®」なのです。

約1,200kmの様々な道路環境や天候の長い道のりを私のパートナーとして支え続けてくれました。

私が過酷な四国遍路旅を乗り切るためにシューズに求めた主な要素は以下の3点です。

①適度なフィット感とホールド感

②舗装路・未舗装路の様々な道路環境、天候変化に対応に対応できる安全性

③軽くて動きやすい軽快感

 

シューズ選びを間違ってしまうと、怪我や疲労などの様々なトラブルが発生するリスクが高まり、特に歩き遍路初心者の方はスリップによる転倒、靴擦れや足裏のマメ発生などのトラブルで途中リタイアを余儀なくされることも多いです。

 

四国中を巡礼するお遍路さんが、安全に快適に遍路旅を歩むことができるように、有益な情報をお伝えしていきたいと思います。

 

まずは、私が歩き遍路をした際に使用した「XA PRO 3D GORE-TEX®」をご紹介したいと思います。

http://pilgrim-shikoku.net/pikgrimshoes-salomonxapro3d

 

IMPRESSION 04

SALOMON X 四国遍路

SALOMONシューズと共に八十八カ所を歩破した”四国八十八ヶ所遍路大使”佐藤崇裕が、SALOMONと四国遍路のマッチングについて考察します。

佐藤崇裕 四国八十八ヶ所遍路大使

四国の香川県出身、大学進学を機に上京し、大学卒業後は大手スポーツメーカーとインターネット系ベンチャー企業での勤務を経て、2015年に香川県にUターン。2015年1~3月にかけて、四国で約1200年前から続くといわれる巡礼旅「四国遍路」の「四国八十八ヶ所霊場巡礼」を歩いて旅した経験を元に、四国遍路の文化をより良い形で継承していくために「四国八十八ヶ所遍路大使」として活動している。
TIME TO PLAY BY SALOMON JPN