TIME TO PLAY BY SALOMON JPN

TIME TO PLAY BY SALOMON JP

IMPRESSION

X ALP SPRY サロモンの技術革新から生まれた軽量ハイパフォーマンスアプローチシューズ2017/10/05

アプローチシューズの明確な定義というのはあってないようなものなのですが、基本的には取り付く岩場へのアプローチに使用するシューズを総称してアプローチシューズと呼んでいます。アプローチシューズに求められる「歩き易く(フレックス性)、アプローチ過程の岩場も登れ(グリップ力とプロテクション)、そして軽量であればなおよし」を具現化したのがこの「X ALP SPRY」です。

サロモンのマウンテニアリングシリーズであるX ALPとトレイルランニングシューズの技術を融合した革新的なシューズで、すばしっこい、活発的なという意味の「SPRY」を名に持つこのモデルは岩場までのアプローチを快適にしてくれます。

まずアッパーは前回紹介した「OUTpath」でも採用されているシームレス圧着アッパー。サロモンが得意とするラミネート技術で異なる素材を縫い目なしに圧着し、快適なフィット感と柔軟性を保ちつつ、相反するプロテクション機能も備えています。もちろんつま先部分はラバーで補強しながらも僅か321g(27㎝)と軽量。足運びも快適そのものです。

そしてボトムユニットはクッション性と柔軟性あるEVAミッドソールとサロモン独自のシャンクを組み合わせることにより歩き易さと安定性が素晴らしく、そして快適です。

EVAミッドソールの中にTPU素材のシャンクが入っており、ねじれ剛性が高いのでスクランブリングやテクニカルな地形での歩行も安定感があります。決して大きなシャンクではないのですが、しっかりとした剛性があり、歩き易さに繋がっています。

アプローチシューズに求められるグリップ力を発揮するアウトソールは、もちろんサロモンのソールブランド「コンタグリップ」のプレミアムウェットトラクションを採用し、濡れた岩場でグリップ性能を発揮してくれます。

X ALP SPRYのラグパターンはサロモンの様々な技術が採用されています。まずつま先にはフラットなクライミングゾーンを設け、前足部もフラットで大きなラグを配置しグリップ力を高めています。そして中足部から後ろはトラクションと制動力を高めるためにトレイルランニング用のラグパターンを採用しているのでとにかく歩ける、登れる、サロモンらしいソールに仕上がっています。

これから秋雨前線が抜ければクライミングシーズン!X ALP SPRYで快適なアプローチを是非実感して下さい。

 

 

X ALP SPRY

・価格:13,000円+税

・サイズ:MEN 25.0 – 28.5㎝

・重量:321g(27.0㎝)

・カラー:全2色

X ALP SPRY

・価格:13,000円+税

・サイズ:WOMEN 22.0 – 25.0㎝

・重量:276g(24.0㎝)

・カラー:全1色

IMPRESSION 02

ハイクインプレッション

「登る」「歩く」がより快適になるサロモンならではのハイクコレクション。これを見ればその特徴は一目瞭然です。

TIME TO PLAY BY SALOMON JPN