TIME TO PLAY BY SALOMON JPN

TIME TO PLAY BY SALOMON JP

IMPRESSION

X ALP MID LTR GORE-TEX® 特許取得技術を用い、マウンテニアリングシューズは新領域へ2017/05/16

昨年発表されたX ALP LTR GORE-TEX®のミッドカットモデル「X ALP MID LTR GORE-TEX®」がデビューしました。ベースとなったX ALP LTR GORE-TEX®はこのハイクインプレッションの最初(3月掲載)に取り上げたX ALP CARBON 2 GORE-TEX®と基本コンセプトは一緒でボトムユニットも同じものが使われているが同モデルを象徴する「3D Edging Chassis」の素材がカーボンか樹脂の違いとなっている。またアッパーをレザーにすることで耐摩擦・摩耗に強くすることで岩場に強いローカットシューズとしてサロモンが提唱する“ファストパッキング”(軽い荷物でスピーディーに活動すること)を具現化したモデルです。ただ縦走となった場合、どうしても荷が多く重たくなるため、足首の保護も兼ね備えたミッドカットモデル「X ALP MID LTR GORE-TEX®」が今年発売となりました。

実際履いてみるとミッドカットながら足入れし易く、サロモン独自のインソール「OrthoLite」が程よいクッション性で長時間の歩行でも快適。シャーシのカーボンと樹脂の違いは然程感じず、カーボン同様、縦方向のフレックス性を損なうことなく横方向のねじれ対しては非常に強くなっています。シューレースもつま先寄りから締められるため、シチュエーションに合わせて調整ができるのもよいポイントです。そしてアウトソールもX ALP CARBON 2 GORE-TEX®同様、サロモンを代表するアウトソール「Contagrip」の中でも特にグリップ力が高い「Premium Wet Traction」が使われているため濡れた岩稜帯でも安心して歩を進めることができます。X ALP CARBON 2 GORE-TEX®に比べると重量はあるものの、足首のプレテクション、岩稜帯でのアッパーの保護という部分では非常に安心感があり、また汎用性の高い1足です。

この「X ALP MID LTR GORE-TEX®」のWomen`sモデルは、単にMen`s モデルをスケールダウンしただけでなくラスト(足型)やベースデザインを女性専用設計しているので女性にもお勧めしたいモデルとなっています。

シャーシやアウトソールの詳細、そしてベースとなっているX ALP CARBON 2 GORE-TEX®の開発ヒストリーなどはこちらでチェックできます。

S/LAB X ALP CARBON 2 GORE-TEX® 最高クラスの機動力を持った全く新しいマウンテニアリングシューズ

X ALP MID LTR GORE-TEX®

・価格:27,000円+税
・サイズ:MEN 25.0 – 28.5㎝
・重量:570g(27.0㎝)

・価格:27,000円+税
・サイズ:WOMEN 22.0 – 25.0㎝
・重量:476g(24.0㎝)

IMPRESSION 02

ハイクインプレッション

「登る」「歩く」がより快適になるサロモンならではのハイクコレクション。これを見ればその特徴は一目瞭然です。

TIME TO PLAY BY SALOMON JPN