OUT PEAK 20 ファストパッキング・スピードハイクに対応したバックパック | TIME TO PLAY BY SALOMON JAPAN |TIME TO PLAY BY SALOMON JAPAN
TIME TO PLAY BY SALOMON JPN
TIME TO PLAY BY SALOMON JPN

TIME TO PLAY BY SALOMON JP

IMPRESSION

OUT PEAK 20 ファストパッキング・スピードハイクに対応したバックパック2018/04/16

トレイルランニングで培われ、進化し続けるサロモンのバックパック。ファストパッキング・スピードハイクに対応したモデルが新登場します。OUT PEAK 20は、まるでサバイバルベストとバックパックが一体化したようなデザインで前回紹介したAGILE 12同様、ウエストベルトはありません。荷重重心が常に上部にあるということは背負っていて非常に楽になります。人をおんぶするとお尻を持ち上げたくなりますよね。それと一緒です。重たいものを上にあげると楽に背負えるのです。基本的なバックパックの概念はAGILEと一緒ですが容量が大きく違うので、本体を支えるハーネスも幅がかなり広く、重量がましてもフィット感が損なわれることはありません。もはやベストを着る感覚です。

チェストストラップはV字型で3本あり、少し面倒かなと思うかもしれませんがこの3つのチェストストラップにより肋骨にしっかりとフィッティングさせることが可能です。また本体下部側面から伸びるスタビライザーを前に引き込むことで更なるフィット感を得られます。

ハーネス部分にはソフトフラスク500mlが左右に2本入り、その下にもポケットを装備しているので、行動食等々を入れることが可能。また本体のコンプレッションコードが脇下にあるのでハイドレーションの水が減り、荷がパック内で暴れ始めた時なども行動をストップする必要がありません。

背面はオールメッシュで肩甲骨周りはアタリを考え厚めにし、その分センター部がエアーチャンネルの役目を果たしているので通気性抜群。本体との間にハイドレーションを入れることができるので取り出しがスムーズにできます。

メインコンパートメントへのアクセスはセンターの縦ジッパー1本なので、開口部が大きく開き荷が見つけやすく取り出し易いのが特徴。また内部の仕切りを付ければ上下2気室にすることができるので汚れものと分けたり、重たいものと分けたりすることができます。その際はメインジッパーが上下ダブルジッパーなので全部開けずともどちらに入っているか分かっていれば即座にアクセスすることができます。

本体両サイドにメッシュポケットを装備しているので、ストックを入れたり軽量なウィンドジャケットなど即座に必要でないものを入れておけます。

極上のフィット感と背負い心地のOUT PEAK 20で身も心も軽やかに山をエンジョイしましょう!

OUT PEAK 20

・価格:20,000円+税

・容量:24.7L

・パックサイズ展開:S / M / L / XL

・サイズ:60×28×24cm(Sサイズ)

・重量:520g(Sサイズ)

・カラー:全2色

IMPRESSION 02

ハイクインプレッション

「登る」「歩く」がより快適になるサロモンならではのハイクコレクション。これを見ればその特徴は一目瞭然です。

TIME TO PLAY BY SALOMON JPN