TIME TO PLAY BY SALOMON JPN
TIME TO PLAY BY SALOMON JPN

TIME TO PLAY BY SALOMON JP

Takamichi Mafune

眞舩孝道Takamichi Mafune

マウンテンプレイヤー / ふくしまトレイルランニング振興会 代表 / サラリーマンアスリート

小学校から高校までの約10年間を野球少年として過ごし、大学時からフルマラソンに挑戦。 野球から転向後、3年目にしてフルマラソンを2時間26分で走る。大学卒業後、地元福島県に戻り、私立高校で生徒を指導する傍ら、マラソン競技も続けるがが、ひょんなことから国体の山岳競技(縦走)と出会い、そこからマウンテンライフがスタート。2002年から2007年までの6年間、福島県代表選手として国体に出場。2007年をもって山岳競技(縦走)が国体から廃止となると、次なる活動ステージを「トレイルランニン グ」へと移行し、私立大学職員(2004~15年)として働く傍ら、趣味の領域を少しばかり超えたようなサラリーマンアスリートとして、福島県内の山々でトレーニングを積み上げ、国内外の山々を駆け回るスタイルが定着。春夏秋は トレイルランニング・MTB、冬はクロスカントリースキー&スノーシューと、オールシーズン福島県の雄大な自然環境を 活かしたマウンテンスポーツ活動を精力的に行う。マウンテンスタイルが高じ、2015~17年の2年間は、より豊かな自然環境でのライフスタイルを求め、福島県南会津地方へファミリーで移住。現在(2017年4月~)は、福島県の県南地方にあたる、故郷である「白河市/西郷村」に活動のベースを構えて、広域医療法人で仕事をする傍ら、春夏秋冬、ふくしまを駆ける「Mountain Player」として、全身全霊のマウンテンライフを発信し続けている。 元福島県代表の国体選手であり、少年期から現在に至るまで、スポーツを通した人々との出会 いに恵まれた感謝の想いから、“福島県”と“スポーツ”への想いは人一倍大きい。 その想いの中で「トレイルランニング」という新しいアウトドアスポーツを通して福島県民、 並びに福島県を訪れていただける方々の「夢づくり、地域づくり、人づくり」のお手伝いができ ればと、2012年に立ち上がったふくしまトレイルランニング振興会代表、ふくしまトレイルラン ニングクラブマネージャーを務める。オールシーズン福島県の大地を縦横無尽、元気いっぱいに駆け回る本格派サラリーマンアスリート&パパさんアスリート。

Trail Run
Dai Matsumoto
松本大
Trail Run
Toru Koide
小出徹
Trail Run
Hiroyuki Urano
浦野裕之
Trail Run/Hiking
Takamichi Mafune
眞舩孝道
XTERRA
Takahiro Ogasawara
小笠原崇裕
Trail Run
Kenichi Hirayama
平山賢一
Trail Run
Kazumi Sugaya
菅谷和己
Trail Run
Kazufumi Ose
大瀬和文
Trail Run
Kaori Niwa
丹羽薫
Trail Run
Tomokazu Ihara
井原知一
Trail Run
Kazuaki Hoshino
星野和昭
Trail Run
Kenichi Yamamoto
山本健一
Trail Run
Masanori Makino
牧野公則
Trail Run
Yusuke Tannaka
反中祐介
Trail Run
Kasuga Watabe
渡部春雅
Trail Run
Tsubasa Fuji
藤飛翔
Trail Run
Seiji Kobayashi
小林誠治
Trail Run
Kaori Yoshida
吉田香織
Trail Run
Miho Uraya
浦谷美帆
Car Racing
LEXUS TEAM SARD
LEXUS TEAM SARD
Hike
Ryuta Furuichi
古市竜太
Hike
Takuhei Kawasaki
川崎拓兵
Hike
Nobuhiro Kikuchi
菊地信宏
Hike
Jounen Sasaki
佐々木常念
Hike
Takahiro Sato
佐藤崇裕
TIME TO PLAY BY SALOMON JPN